検索

レコーディング

令和初日、私たちはレコーディングを行いました。

というのも、和田ギターのファンから、出演する映画の曲を作りたいとの提案があり、

協議の末に新曲の制作を行ったのです!


演奏陣は主要講師3人、ボーカルにその出演者さんを起用し、

プロのレコーディングエンジニアを招き、レコーディングスタジオにて3日間のレコーディング。

これまでも練習スタジオに機材を持ち込んで自主制作のレコーディングをしたことはありましたが、

我々生徒にとっては初のプロの現場でございます!

取材はわたくしryeが行ってまいりました笑



さて、初めてのレコーディングスタジオは、とても静かで厳かな雰囲気。

私のようなペーペーが生ぬるく踏み入れられないような場所でした。


エンジニアさんは前校長・和田の旧友で、森進一さんやhideさんのレコーディングを担当したこともあるなんともすごいエンジニアさん。

Aqua Timesをメジャーにしたことでも有名な、栃木哲也さん。

とても気さくで話しやすいけれど、レコーディングが始まると一変、真剣な目に、まとったオーラをピタッととめ空気が変わります。



1日目は楽器の録音。

バンド全体の演奏に細かくドラムを修正し、流れとリズムを作ります。


2日目は楽器の修正。

1日目のラフを2日目までに聞き込み、修正したい点を細かく細かく修正(録音)していきます。

さらにそこにギターを載せ、雰囲気と味をつけていく作業。

緻密で繊細で、思った通りの音が録れるまで何度も繰り返します。

意外と一番最初の音が良かったりもするものです。


3日目にやっとボーカルの録音。

講師陣とは違いボーカルはアマチュアなので、いいテイクや効果音を何テイクも重ね、

ハーモニーを作っていきます。



帰り道や夜に聞き込めるように、毎日ラフミックス(未編集の録音音源)を作ってくださり、とても丁寧にご対応くださいました。

今回は3日間で2曲の録音をしました。

早ければ1日でも終わる作業だったのですが、じっくり音を作りたいとのことで長くやらせていただきました。

この後は栃木さんの編集の元、何日間かかけてミックスをし、後日出来上がってくる予定です。

機会があれば最終音源も発表できたらいいですね♪



かなりざっくりとしたレポートですが、3日間ずっとご一緒させていただき、

私自身も制作意欲と向上心を掻き立てられる、とても濃く”熱い”3日間でした!




そんな令和の始まりとともに気持ちを新たに、

Rocket Rye's、6月1日(土)にライブを行います!

以前にも出させていただいた「寿。」さん主催の湯島ライブ、

今回もトリを務めさせていただきます。


@湯島・ファビュラスギターズ

開場;18:00 開演;18:30

私たちRocket Rye'sは 21:00 スタートの予定です!

みなさまぜひご来場くださいませ♪


詳細は こちら Rocket Rye'sページ にて。



0回の閲覧
和田バンド教室:
03-3504-3295
教室体験無料!
虎ノ門 つくし
東京都港区虎ノ門1-12-5-1F